1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on November 2017
powered
Recent Comments
Link Link Link


市町村

団体

防災情報

道路情報・道路交通情報

官公庁

Links Miaiduru

Links Yamagata

北海道
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
小樽ガラス市が旧国鉄手宮線で開催
JUGEMテーマ:観光まちづくり 

 やっと念願の旧国鉄手宮線オープンスペースでの「ガラス市」が,開催される.
 小樽観光と言えば,「ガラス・鮨・オルゴール」となって20年が過ぎた.
 しかし,硝子やオルゴールは,小樽市民がそれほど思い入れているものになってきたか?

 そんな思いを抱き続けてきたが,その思いにこたえてくれたのがこの小樽「がらす市」.
 深川硝子社長が先頭に立ち,実行委を形成,短期間でよくまあここまで.

 「小樽を本当の日本一の硝子の町にしよう」が合い言葉!. 
 市内の15ガラス工房を中心に、
 東京・長崎・北見など全国の12ガラス工房をはじめ約30社が,
 日常生活に密着したガラス製品の展示・販売を
 小樽が誇る近代化遺産・旧国鉄手宮線を会場にし,開催する.
 会場では、伝統的なガラス装飾技法である「切り子」の実演やとんぼ玉つくり、ステンドガラス作成など製作体験も行えると.

 やっと,やっと,小樽観光まちづくりも,こういうイベントを開催するまできた.
 初日は午後2時からの開催だったが,約5000人のご来場.
 一同安堵.

 生憎の雨,
 そしてなにせ初めての開催,
 至らぬところも多々あるかもしれないが,こういうイベントこそを,皆さんで暖かく育んでいただきたい.

続きを読む >>
local industry | comments(0) | trackbacks(0)
本当のガラスの町になる?観光産業、いや「総合産業」の町に。
ガラス製そば猪口セット
JUGEMテーマ:観光まちづくり

 過去20年、小樽運河観光と言えば、
  ガラス・寿司・オルゴール
の三点セットで走って来た。
 よくまあ、それで20年も持ったものだ、と。

 ガラス・寿司・オルゴールの三点セットの小樽観光を、北一ガラスがその先鞭をつけたことは、小樽市民の中でも疑うものはいない。
 そしてオルゴールは日本で売られる量の半分は、この小樽でという位置を占めるまでになった、という。
 が、光と影は当然何にでもつきものだ。
 小樽観光にも光と影があり、かつての勢いを失ってきていると言われる。
 その観光・小樽が、持続的発展可能な観光・小樽になっていくには、何を今始めなければならないのだろうか。
続きを読む >>
local industry | comments(0) | trackbacks(0)
産学官のオホーツクブランドづくりから学ぶ
JUGEMテーマ:観光まちづくり
 
オホーツクブランド01

オホーツクブランド・ウェブサイト  朝日新聞8月19日13版26ページで,オホーツクブラン
 ドの挑戦の記事が掲載されている.

  「オホーツクネット」
 というサイトがすでに試験的に運用されている.

  しりべしiネットがチャレンジしている「後志の特産品=
 しりべしセレクション」事業の参考になる.


 小樽観光がぶつかっているのも,地場産業の基盤強化と観光とのリンクだ.

 ただ,ネットで地域の隠れた産品を紹介するだけでなく,宣伝と流通・販売のノウハウをプロと手を組んで進めようとしている.

 そのシステムの接着剤役が,財団法人・オホーツク地域振興機構らしい.
 こんなシステムをしりべしiネットが持ったなら,小樽マニア大集合ウェブがもったなら・・・.
 後志に関しては,やっぱフィールドワークだわ.
 それに,食と観光の北海道戦略の後志バージョン作成をどこが担うのかという問題だ.
 小樽に関しては,物産協会は市外への売り込みで観光協会が受け入れ体制をという分断された思考からの突破,機械的役割分担からの脱皮だ.

 今のしりべしiネットのチームなら,このようなウェブサイトはすぐできる(^^)
 問題は,自分たちの足で稼ぐ情報収集、フィールドワークとそれによる豊富なコンテンツ量だ.
 それに,これに賭けたいという人だ.

local industry | comments(0) | trackbacks(0)