1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2017
powered
Recent Comments
Link Link Link


市町村

団体

防災情報

道路情報・道路交通情報

官公庁

Links Miaiduru

Links Yamagata

北海道
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
住んで良し訪れて良しの観光まちづくりと「カジノ誘致」



 私は常日頃、この「北海道大学観光学高等研究センター長」・石森秀三先生を尊敬している。 
 この先生が「カジノ誘致」をと北海道新聞で言っていると聞き、その画像データをもらった。 
 石森教授がそう言ったということで元気づく方々もおられるようだが、読んでみれば「前提」が全然違う。
 とりわけ、「小さな町の人々」が「即効性のある経済効果」などを理由に、それを誘致しようとする動きに対しては、石森先生は「違う」といっておられる。

 しかし、これまで道内の「カジノ誘致」を叫ぶ人たちは、即効性ある経済効果やら雇用拡大を唱い文句にしておられる。
 が、何度「即効性経済効果や雇用拡大」を唱い文句に失敗を積み重ねてきたのか、いつになれば気がつくのか、と呆然となる。
 百歩譲ってわが町が、カジノも含めた「一大複合リゾート都市にするという観光まちづくり戦略」論議は、これまでのところ一ミリもない。
 小樽市基本計画にも、小樽市観光基本計画にもその言葉を見つけられない。
 一体、「自分たちの住む町をどこに持って行こうとするのか」という大前提がないまま、口当たりのいい経済即効性や雇用促進に加え、都合良く新たにリゾートなどという言葉を持ち出し、誘致根拠にされるのか気が知れない。
 カジノ誘致を叫ぶ人々の
 「わが町の持続発展可能な観光まちづくり戦略
を、一度も聞いたことがないのだから。

 韓国の済州島のカジノに視察にいった友人のカメラデータを見せてもらった。
 カジノの外観の綺麗さ、施設内部の華やかさ。
 それと同時に、カジノ施設の周辺の薄暗闇の中にスッテンテンに掏られて目も落ちくぼみぎらつかせ、ヘタリ座っている人々の姿。
 そのしゃがみ込んでいる人間の抜け殻のような人の周りを、いかにもという市中金融の連中が、膨大な金利の金貸しをし回っている姿。
 私は道徳家でもなんでもない。
 でも健全な賭博などありえないとわかっている。 
 あらゆる創意工夫(?)でアンダーグラウンドの連中は、公的管理であれなんであれ、網の目をくぐり人間の弱さを突き貪り取る。 
 そういう連中の吹きだまりの町にしようというのだろうか?

 昭和25年、最高裁大法廷判決は、「と博」を罪とする理由をこう述べている。
 「国民をして怠惰浪費の弊害を生ぜしめ、健康で文化的な社会の基盤をなす勤労の美風を害する。 甚だしきは暴行、脅迫、殺傷、強窃盗その他の副次的犯罪を誘発し、又は国民経済の機能に重大な障害を与えるおそれがある

 経済界こそ「持続発展可能な観光まちづくり戦略」を真っ正面から考えるべきではないだろうか?
 小樽ではこの石森先生の「一大複合リゾート都市観光戦略」構想としてカジノ誘致が言われてきたことはない。
 そもそも「カジノ誘致」運動を本籍にするところから言われてくることの奇異さはどうやってもなじめない。
 
 小樽では「一大複合リゾート都市観光戦略」構想がどのような内容で展開されるのか?
 その中でMICEなどをどう小樽観光戦略に組み込むのか?
 そもそも小樽という街が、「リゾート」型観光都市に適した街なのか、
 それを展望できる可能性があるのか、
という本質的論議すら出来ていない。

 おそらくこの石森北海道大学観光学高等研究センター長の新聞記事を読み、小樽を「一大複合リゾート観光都市」に、その中にカジノをと言い始めるに違いない。 

 「住んで良し、訪れて良し」の観光まちづくりの王道・原則の道を行くのか、彼らの道をいくのか。
 前者の道をいくよりない。

 


Our Otaru | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://sobaya-oyaji.jugem.jp/trackback/331
Trackbacks